第一生命の学資保険「こども応援団」「Micky」の特徴・おすすめプラン

第一生命の学資保険「こども応援団」「Micky」の特徴

10歳まで加入できる

他の保険会社の学資保険の多くは年齢制限が5〜7歳までです。
それに対して第一生命の学資保険はこどもの年齢制限が10歳までのため、小学校入学後に検討を始めた家庭でも遅くはありません。

万一の事態の保障が手厚い

子どもが入院や手術をした時に給付金が出る医療保障や、親に万一のことがあった場合に満期まで支払いの続く育英年金などを特約として付帯することができます。
さらに「こども応援団」の場合に付帯される払込免除特約は死亡時だけではなく「がん・脳卒中・急性心筋梗塞・所定の要介護状態・所定の身体障害状態・所定の高度障害状態」に適用されるために、契約者にとっての保障も手厚いと言えます。

契約者の年齢が高くても契約が可能

払い込み免除特約や育英年金などを付帯してしまうと契約者の年齢制限が55〜65歳になってしまうのですが、それらの特約をつけない場合は99歳までの制限となり、実質年齢制限がない状態となります。
そのため、祖父母が孫のために契約することも可能です。

第一生命の学資保険「こども応援団」「Micky」のおすすめプラン

手厚い保障を重視するなら「こども応援団」のA1型

こども応援団のA1型は、保険料払込免除特約と育英年金を付加できる上に、払い込み免除特約の適用範囲が死亡以外に「がん・脳卒中・急性心筋梗塞・所定の要介護状態・所定の身体障害状態・所定の高度障害状態」と幅広いのが特徴です。
その分、月々の支払いは15,000円以上となり、掛け捨て部分も多くなってしまいます。

返戻率を重視するなら「Mickey」のC型

第一生命の学資保険は保障が手厚いことが特徴の一つですが、その分、返戻率は低いです。
もし、少しでも返戻率を高くしたいのであれば「Mickey」のC型を選択するといいでしょう。医療保障や育英年金を付帯しないことはもちろん、多くの保険では基本付帯となる払込免除特約を外すことができます。
しかし、それでも100%を大きく上回ることは出来ません。そのため、返戻率を重視するのであれば他の保険会社の商品を選択した方がいいでしょう。

特約内容

払込免除特約を基本として、入院や手術の時に給付金が出る医療保障や、万一のことがあった時に満期まで支払われれる育英年金、さらに子どもの事故による死亡や障害が発生した場合に出る傷害特約・指定代理請求特約などが特約として用意されています。