郵便局のかんぽ生命「はじめのかんぽ」の特徴・おすすめプラン

かんぽ生命「はじめのかんぽ」の特徴

受け取り時期を自由に選べる

「はじめのかんぽ」には3つのプランが用意されており、家庭の方針に合わせて受取時期を選択することができます。
大学入学時に重きを置くプラン、小学校~大学の各入学時に重きを置くプラン、大学入学時+在学時に重きを置くプランの3つです。
都心在住なのか地方在住なのかでも大学入学以降の資金の有無は変わってくるでしょう。
家庭の事情に合わせて選べるのは助かります。

郵便局という安心感と親近感

他の保険会社は先に保険契約などをしていない限り、なかなか親近感は湧かないでしょうし、どこが信頼できるのかというのもわからないでしょう。
郵便局であれば昔から誰もが利用しており、何かわからないことがあっても身近に窓口があっていつでも聞けるという安心感があります。
特に地方の場合には、なかなか保険会社の窓口は身近にないもの。
郵便局であれば少しぐらい情勢が変わっても窓口が撤退することは滅多にありません。

入院保障が付いている

他の学資保険は医療保障が付いていないものも多い中、「はじめのかんぽ」には医療保障が付帯されています。
医療保障が付くことで他社より返戻率は下がってしまいますが、子供の医療保障が気になる方は学資保険とまとめることができるのは嬉しいでしょう。

かんぽ生命「はじめのかんぽ」おすすめプラン

12歳までに払い終え、大学入学以降に300万円を受け取る

比較的、返戻率が高くない「はじめのかんぽ」でできる限り、返戻率を高くするには、12歳までに払い終えることと、受け取りは大学在学時に分割にすることが重要です。
総額で300万円受け取るプランの場合、大学入学以降4年間で75万円ずつ受け取る形となります。
契約時以降、最後の保険金の受け取りの時まで、入院保障は付くため、安心です。

特約内容

契約者に万一のことがあった場合の払い込み免除特約はもちろん付いています。
加えて、お子様の入院保障が付いており、日額4,500×入院日数分の手当をもらうことができます。
入院中に手術をした場合には、手術の種類に応じて入院日額の5~40倍の手当金がもらえます。
長期入院の場合には、長期入院一時保険金が9万円もらえるため、万一の事故にあっても安心です。