学資保険と子ども保険は何が違う?

「学資保険とこども保険があるけど何が違うの?」
という皆さんの疑問にお答えします。

学資保険とこども保険のそもそもの意味の違い

今は同じ意味として扱われることも増えてしまいましたが、もともとはそれぞれに込められた意味が少し違いました。
端的に言うと、下記のような違いです。

学資保険:こどもの教育費を貯蓄することを目的にした保険
こども保険:こどもの医療保障を重視しつつ、教育費を貯めるための保険

学資保険は、その名の通り「学資を貯める」ということに重点が置かれています。
そのため、特約などをつけなければ、子どもがケガや入院をしても特に保障がありません。
一方、こども保険は、こどもがケガや入院をした際に治療費が保障されます。
その保険料の積立金を学資にも利用しましょうという考えのものです。

ただ、今は学資保険とこども保険が同等の意味で使われることも多いため、
学資保険と言っても医療保障が充実しているものも多くありますし、こども保険だから教育資金が貯めづらいかというそうではありません。
よって「これらの意味の違いは現状ではない」というのが結論です。

保険を選ぶときには中身を見よう

学資保険であっても、こども保険であっても、中身の保障や返戻率は商品によって様々です。
大学の入学時だけではなく、中学や高校の入学のタイミングでお金が戻ってくるようなタイプや、払込期間を短くするプランもあります。
医療保障についても、ケガや病気での入院だけでなく、ケガでの通院も保障されたり、自分のこども自身だけでなく、他人の子にケガをさせてしまった時に保障されるプランまであるのです。
名前のイメージに左右されず、自分は貯蓄を重視したいのか、万一の保障を重視したいのかという点をよく考えて保険を選びましょう。
親に万一のことがあったときに…と考える人は学資保険だけでなく、生命保険で教育資金を貯めるという選択肢もあります。

学資保険と生命保険の違いが気になる方はこちらもチェック! → 学資保険と生命保険(終身保険)どっちに入るべきなのか?

もっと話を聞きたい!具体的な金額をシミュレーションしたい!という方は

自分の家庭に合わせたプランを考えるにはプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのが一番です。
また、複数の保険会社のプランを比較して検討したい場合には総合保険代理店がおすすめ。
一つの保険会社に問い合わせてしまうとその会社の商品説明しか聞けませんが、総合保険代理店であれば各社のプランのメリット・デメリットを聞くことができます。