学資保険の保険料、月額いくらにする?相場は?

「学資保険を検討しているけど月額いくらぐらい貯めておくべきなのか分からない」
「今後の収支の検討がつかないからいくらぐらいが妥当なのか分からない」
などなど、学資保険を始めようと思ったものの、月にどれぐらい支出するべきなのか、他の人はどれぐらい貯めているのか、気になりますよね。

この記事ではそのような疑問に答えるべく、学資保険の月額保険料の相場について解説します。

相場は1~2万円

ずばり相場は1~2万円のようです。
学資保険を利用する目的の多くは大学入学資金です。
1万円未満だと家計の負担は少ないものの、満期金の額が十分とは言えず、大学入学資金としては足りません。
そのため、最低でも1万円程度は捻出しておくという家庭が多いようです。
もう少し余裕がある家庭でも、今後お金が必要になるタイミングで支払いが苦しくならないように、2万円未満にしている家庭がほとんど。
確かに産まれた直後はよくとも、大きくなるにつれて習い事や塾など学校以外の支出も出てくる可能性があります。
その時に支払が苦しくなって解約してしまうと損になってしまいます。
そうならないように、無理のない金額にしておくという家庭が多いようです。

1万円未満の家庭の事情

5千円~1万円未満の保険料を選択している家庭は、
・お母さんが専業主婦
・子どもが複数人いる
という場合が多いようです。

お父さんだけの収入の場合、今後の他の出費のことを考えると保険料で家計を圧迫してしまうのは危険です。
住宅やマイカーの購入など、子どもが産まれた後にローンが発生することもしばしば。
しっかり収入があるお父さんであっても、今後のライフプラン次第では少なめにしておいた方がいいですよね。
また、子どもの人数が多い家庭も同様です。
子ども1人であれば毎月1~2万円でもいいかもしれませんが、2人目・3人目も視野に入れている方は「最終的に月額2~3万円程度に抑えたい」と計画しているのかもしれません。
学資保険は後から金額を減らすことができない分、子どもが複数人欲しい方は金額設定に慎重になっておくべきでしょう。

このような家庭では、学資保険の積み立ては少なめでも、いつでも損なく解約ができる定期預金を利用していたりします。
定期預金であれば、途中で解約してもそれまでの積立金が減ることはありませんし、毎月の積立額も状況に応じて調整することが可能です。
但し、その分、金利は低く、お金を増やすことには向いていません。
貯蓄性よりも、リスクを低く、流動性を重視している場合には有効ですね。

2万円以上の家庭の事情

毎月2万円以上の保険料を積み立てている家庭は、
・夫婦共働き
・夫あるいは妻の収入が高い
・子どもは1人あるいは2人までと決めている
・私立大学あるいは理系大学への進学を想定している
という場合が多いようです。

現在も将来も安定した十分な収入が見込めており、子どもの人数も1人だけか、2人までなどと考えている家庭では、貯蓄性を重視して学資保険の積み立て金額を2~3万円に設定しているようです。
確かに、学資保険は通常の銀行預金よりも利率がよく、確実に毎月払っていけるのであれば得になる商品です。
夫婦共働きで、お互いに働き盛りの時期にしっかり貯蓄しておくというのも良い選択でしょう。
また、自分たちが高学歴で同じように大学には必ず入れたいと思っていたり、理系の大学に進学して欲しいなどと考えている家庭の場合は、高い大学費用に備えておきたいという想いも強いもの。
直前になって資金の工面に奔走することのないように、予め目標金額を高く設定しているようです。

学資保険の月額保険料は無理のない金額を

月額保険料を決める時に最も重要なのは「払い続けられる金額にすること」です。
学資保険は途中解約をすると確実に損をしてしまう商品です。
背伸びをして途中で払えなくなってしまっては元も子もありません。
無理のない金額に設定した上で、さらに貯めたい場合は定期預金と組み合わせるなど、柔軟に対応できる形を選択しましょう。

具体的な金額をシミュレーションしたいという方は

子どもが18歳の時にどれぐらい貯めておきたいか、今の家計から、そして数年後の家計からはいくらぐらい捻出できそうか、それらの具体的なシミュレーションを自分でする必要はありません。
ライフプランにそったシミュレーションのプロ、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談すれば各ご家庭ごとの収支を想定してもらえます。
また、複数の保険会社からプランを比較して選びたい時には保険総合代理店が便利です。