学資保険で積み立てるべき目標金額は?子どもの教育費はいくらかかる?

「とりあえず学費を貯めないととは思っているけどいくらあれば大丈夫?」
「先のことすぎて数百万円と言われてもイメージがつかない…」
と思っている方、たくさんいますよね。

妊娠した、子どもが産まれる。
この子の将来のためにお金を貯めなきゃ!

そう思ったものの初めてのことでイメージがつかない。
一体どれぐらい貯めておけば安心なのでしょう?

この記事では学費保険で設定すべき目標金額について解説します。

大学入学時~卒業までにかかる教育費用

学資保険を始める時に一番に考えるのは大学のための費用ではないでしょうか。
実際、子どもにかかる教育費用の半分は大学入学時~卒業にかかると言われています。
では、実際どれぐらいの金額が必要なのかを見ていきましょう。

区分 授業料 入学料 施設設備費 合計
国立大※1

535,800

282,000

※4

817,800

公立大※2

537,809

393,426

※4

私立大文系※3

746,123

242,579

158,118

1,146,819

私立大理系※3

1,048,763

262,436

190,034

1,501,233

私立大医歯系※3

2,737,037

1,038,128

831,722

4,606,887

※1 文部科学省令による標準額。ただし、国立大の法人化により、国立大の学費も大学間で差が出ている。
※2 文部科学省「平成28年度学生納付金調査」。公立大昼間部の平均額。入学料は地域外入学者の平均額(地域内入学者の入学料の平均額は229,584円)。
※3 文部科学省「平成26年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査」。私立大昼間部の平均額。
※4 施設費、実習費、諸会費などを徴収される場合がある。
(出典: Benesse マナビジョン)

上記は純粋な入学費と1年目の授業料だけの金額です。
医歯系は多額なお金がかかるという点はとりあえず置いておいたとしても、80万円~150万円が大学に入学するだけでかかります。
ここにさらにプラスして交通費や教科書代、学用品のための費用がかかることはもちろん、家から通えない大学に進学した場合には一人暮らしをスタートするための諸経費がかかります。
そう考えると、入学時には100万円~200万円ほどのまとまったお金が必要ということになります。
また、2年目以降にも、毎年の授業料に加えて、交通費や学用品の費用、一人暮らしの場合には家賃・光熱費・食費などの仕送りも必要になる可能性があるため、2年目以降も70万円~160万円ほどが毎年必要になると思っていた方がいいでしょう。

高校卒業までに300万円は貯めよう

前項で入学時に100~200万円のまとまったお金が必要になるとご説明しました。
公立に入るのか、私立に入るのか、家から通えるところに行くのか一人暮らしをするのかで金額は変わってきますが、毎年数十万円以上のお金がかかることも考えると、最低でも子ども一人につき300万円を大学入学費用として貯めることを目標にしておくのが無難です。
いきなりまとまったお金が必要になってもすぐに用意できない場合がほとんどですよね。
子どもが高校を卒業するまでにこの金額を目指してコツコツ貯めておきましょう。

中高の入学時にもお金はかかる

一番大きな出費となるのは大学入学費用なのは間違いありませんが、中学や高校に進学時にもそれまでよりお金がかかってきます。

●中学・高校の平均的な教育必要額(年間)
公立中学校 約48万円
市立中学校 約134万円
公立高校  約41万円
私立高校  約99万円

上記の金額×3年間分の費用が必要ということです。
基本的には全体の収入の中から工面するしかありませんが、不安な人は中学や高校入学時に一部先に受け取れる学資保険もあるため、そのようなプランを検討してみるといいでしょう。

学資保険は家計の負担になりすぎない金額設定を

高校卒業までに最低300万円を貯めましょうと言いましたが、その全てを学資保険で貯める必要はありません。
仮に18年間で300万円を貯めようとした場合、1年で約16万円、1ヶ月で割ると約1万4千円を貯蓄しなければいけないことになります。
子どもが小さい頃は特に負担なく貯められていても、子どもが成長して中学や高校に入学すると1ヶ月あたりの学費の負担は大きくなっていきます。
また子どもが1人の場合はいいですが、2人目、3人目が産まれるとその子達のための教育費の積み立ても発生します。
そうなった時にこの月額費用は18年間続けられるものなのか?ということを考えてみましょう。
児童手当を支払いにあてようとしていた人は、3歳以降10,000円に変更になってしまうことをお忘れなく!
(第3子の場合は小学校終了前まで15,000円のままです)

もし、途中で苦しくなる時が来そうだと思った場合には、続けられる金額で保険料を設定しましょう。
学資保険の場合は途中解約してしまうと元本割れが発生して損をしてしまうケースがほとんどです。
せっかくの教育資金が減って戻ってきてしまった!ということがないように無理のない金額にすることが大切です。

もし子どもが小さいうちにはもう少し貯蓄に回すお金があるという人は、
その金額を定期預金などで貯めるなど、途中でやめてもリスクのない貯め方と学資保険を併用することがおすすめです。

もっと話を聞きたい!具体的な金額をシミュレーションしたい!という方は

学資保険にも様々な種類・プランがあります。
中学・高校で一部先行して受け取れるものや、払込期間を10年間にして出費の増える中学・高校の期間には払わないものなど、各ご家庭の状況に応じて最適なプランを選ぶことが可能です。
プランの相談は各保険会社にいるプロのFP(ファイナンシャルプランナー)にするのが一番です。
どの保険がいいのか分からないという場合は総合保険代理店に相談すれば複数の保険会社のプランを比較しながら提案してくれます。