学資保険の賢い選び方3つのポイント

「学資保険をいざ選ぼうと思ってもたくさんありすぎて何を基準で選ぶべきか分からない」
そんなあなたのために、学資保険を賢く選ぶ方法を3つのポイントに分けて解説いたします。

ポイント1.加入する目的を整理する

学資保険の目的、ちゃんと整理できていますか?
「学資保険と言うぐらいなのだから学資の貯蓄に決まってるじゃないか」と思われるかもしれませんが、保険会社の営業の話を聞いているうちに、親の死亡時の保障や子どもの医療保障など「万一の保障」についての特約をどんどん付けてしまって結果的に貯蓄性が低い契約になってしまったということは往々にしてあるものです。
学資保険には様々なプランがあり、親や被保険者である子どもが死亡やケガをした時にされる保障の形も多様です。
保障を付けておきたいのであれば、どこまでの保障を付けたいのか、事前に考えておきましょう。
整理しておくべきは下記のような内容です。

学資保険の加入目的整理リスト
Q1. 貯蓄性を重視するのか、万一の保障も付けておきたいのか
Q2. 保障されたいのは、親の死亡時か子どもの医療なのか
Q3. 親の死亡時の場合、学資金だけでよいのか、育英年金のように給与保障まで必要なのか
Q4. 保障は学資保険で行う必要があるのか、生命保険と重複していないか

これらの内容を予め整理した上でどの学資保険にするのか選びましょう。
特にQ4について考えることが重要です。既に生命保険に加入している場合はそちらの保険の見直しで十分かもしれません。
また、医療保障の場合は他で契約した方が安く保障内容も厚い可能性があります。
詳しくは下記の記事も参考にしてください。
学資保険に医療保障の特約は付けるべき?

加入する目的を整理すると、具体的に学資保険契約の時に何が変わってくるかを解説します。

返戻率

Q1で「貯蓄性を重視する」と決めた場合、着目すべきは各学資保険の返戻率です。
返戻率とは、支払った保険料に対して戻ってくる満期金の割合のことを指し、この数値が高いほど、元金よりもお金を増やせたということになります。
貯蓄性を求めて学資保険を契約する場合にはとにかくこの返戻率の高いプランを探しましょう。
返戻率を上げる方法は下記の記事にも書いてあるので参考にしてください。
学資保険の返戻率を高くする6つの方法

特約の有無

Q1で「万一の保障を付けておきたい」と決めた場合、学資保険の特約でどこまでカバーするのかということが変わってきます。
Q2~Q3についてもしっかり方針を決めた上で、自分の方針にあったプランを選択しましょう。

ポイント2.受け取り時期を考える

学資保険にはさまざまなプランがあり、学資金を受け取るタイミングも多様な設定が可能です。
子どもの将来はわからないものですが、住んでいる地域や親の方針によって、高校から私立に行くのか、大学から私立に行くのか、ある程度の見当をつけることはできると思います。
多くの場合、大学入学前にまとまったお金を受け取るプランを選択される人が多いのですが、中学や高校から私立に行かせようという方針であれば、中学・高校の入学のタイミングで祝金が出るプランを選択するのも一つの手です。
但し、受け取るタイミングは早い方が返戻率は下がってしまいます。

また「大学入学前に受け取る」という方針であっても「18歳受け取り」というプランには要注意。
子どもの誕生日が4月~9月であればいいのですが、10月~3月だった場合、高校3年生の後半で受け取ることになります。
しかし、実際にお金が必要になってくるのは受験期の段階からです。
大学の場合は早めに入学金を支払う必要がある場合もあるので「18歳受け取り」だと一番使いたいタイミングに間に合わないこともあります。
その場合には「17歳受け取り」がベストかもしれません。
受け取りの時期については細かいところまで確認をしておきましょう。

ポイント3.月々の保険料の目安を決める

「学資保険は途中解約をすると損になる」というのはよく聞く話だと思います。
途中解約をしないようにするためには無理のない金額設定が重要です。
今の家計からどの程度の支出であれば問題ないか、5年後、10年後のことも考えて目安金額を決めておきましょう。

金額を決める時に考えておくべき要素について以下に解説します。

目標金額

月々の保険料を決める時、目標金額から逆算してしまいがちですが、それをやってはいけません。
仮に大学入学時に500万円程度は貯めておきたいと考えて、500万円を目標にして学資保険を契約したとします。
月額23,000円ほどを18年間払い続ける契約です。
最初は問題なく払えていましたが、6年後、小学校に入学するあたりから支払いが厳しくなってくるかもしれません。
中学や高校に進学する頃には、塾に行かせたいのにこの毎月の保険料があるがために通わせられないということも…
そうなってしまっては元も子もありません。

もし500万円を貯めたいと思った場合には学資保険で貯めるのは250万円にして、残りは定期預金で貯めるなど工夫をしましょう。
一部を流動的な預貯金にしておくことで、将来月々のお金を使い方を調整したいと思った時に柔軟に対応することができます。
学資保険の月々の支払いはあくまで将来に渡って無理のない金額にしておくべきなのです。

払い込み期間

学資保険の払込期間は全てが18歳まで払うプランではありません。
10年や15年で払い込むものもあれば、中には5年という短期間で払い込むものもあります。
払い込み期間は、短い方が返戻率が高くなる上に、中学高校というお金がかかってくる時期に月々の支払いがなくなるというメリットもあります。
中学以降の月々の支払いが不安な人は10年プランにするなど、月々の支払い金額を決める時に合わせて考えてみましょう。

具体的な保険のプランを知りたい!という方は

選び方のポイントについて確認できたなら、具体的に契約プランを選定してきましょう。
プランの選定は複数の保険商品を扱っている総合保険代理店に相談するのが一番です。