子どもの個人賠償責任保険は学資保険に付けるべき?

「子どもがやんちゃ盛りになる頃に備えて個人賠償責任保険って付けた方がいいのかな?」
と迷っている方に、どんな方法があるかご説明します。

個人賠償責任保険とは?

まず「個人賠償責任保険」とは何かについてご説明します。
個人賠償責任保険とは、他人に怪我をさせてしまったり、他人のものを壊してしまった時に賠償してくれる保険です。
その保険によって適用になるケースは僅かに異なりますが、ほとんどの場合は日常生活における故意ではないトラブルのほとんどのケースを補償してくれます。

適用されるのは以下のような例です。

・買い物中にお店の売り物を落として壊してしまった。
・子どもがお友達に怪我をさせてしまった。
・自宅の窓から落としたもので通行人に怪我をさせてしまった。
・自転車で人にぶつかって怪我をさせてしまった。
・飼っている犬が通行人に噛み付いてしまった。

反対に、適用されないのは以下のような場合です。

・故意に誰かに怪我を負わせた。
・同居する親族のものを破損してしまった。
・他人から預かったり、借りたものを破損してしまった。 ※
・自動車運転中に誰かに怪我を負わせてしまった。 ※
・仕事中に他人に怪我を負わせてしまった。 ※

※の内容については、個人賠償責任保険とは別の保険で補償することができます。

個人賠償責任保険にはどのような方法で入ることができる?

学資保険の特約として個人賠償責任保険があり、その価格が手頃だと判断できるのであれば加入を検討してもいいかもしれません。
ただ、学資保険に付帯をしなくとも、様々な保険の特約として用意されています。
もしかすると、既に加入している可能性もあるため、重複しないように一度確認してみましょう。

火災保険に付帯する

意識せず既に加入しているケースの多くは火災保険の付帯です。
火災保険の主目的は火災時の家財の補償ですが、借家賠償保険や個人賠償責任保険が付帯されているケースがほとんどです。
一度、加入している火災保険を見直して、加入の有無を確かめてみましょう。

クレジットカードに付帯する

年会費がかかるクレジットカードなどに加入していると加入者特典として個人賠償責任保険が付帯されているケースがあります。
あるいは、年会費無料のクレジットカードであってもオプションとして個人賠償責任保険に加入することができるものも多く存在しています。
その場合の月々の費用は400~600円程度が相場です。

自動車保険に付帯する

自動車を運転する方であれば必ず自動車保険には入っていますよね。
任意保険の内容は加入保険によって違ってきますが、自動車保険の中に個人賠償責任保険を特約として付帯できるものもあります。
費用は年間1000~2000円程度で、示談代行サービスがセットになっているものが多いようです。

勤務先の団体保険に付帯する

勤務先で団体保険に加入している場合、個人賠償責任保険を特約として付帯できる場合があります。
他の保険に付帯されていない場合には職場に申し出て付帯するのも一つの手です。

共済系の医療保険のに付帯する

COOP共済やJA共済などの医療保険であれば個人賠償責任保険を特約で付帯することができます。
共済系の医療保険は掛け金も安いため、子どもの医療保険についても学資保険の付帯で付けるよりも単独で共済系に入っておく方がお得な場合もあります。
もし個人賠償責任保険に未加入で共済系の保険への加入を検討しているのであれば特約として付けることをおすすめします。
費用は月々100円台で加入できます。

被害者になった時のための弁護士費用特約

個人賠償責任保険のオプションとして「示談代行サービス」が付いている商品はよく見かけますが、
そのほとんどが「加害者」になった場合に適用されます。
一般的には「加害者」が賠償金を支払うので自然なことのように思えるかもしれませんが、
仮に自分が事故などの被害に遭い、相手に賠償請求しても相手が取り合ってくれなかった時はいかがでしょうか?
個人の力ではどうしようもない時もあるため、弁護士の力を借りる必要があるかもしれません。
ただ、弁護士さんもただで交渉してくれるはずはなく、当然弁護士費用が発生してしまいます。
そのような場合に備えて「示談代行サービス」だけでなく、「弁護士費用特約」を付けておくことをおすすめします。
自分が加害者になった時だけでなく、被害者になった場合であっても安心です。

まとめ

子どもがよく動くようになってくると、誤ってお店のものを壊したりしてしまわないか心配になりますよね。
個人賠償責任保険に加入しておけばもしものことがあっても安心です。
ただ、既に加入しているのに重複加入してしまってはもったいないのでまずは加入の有無を確かめることから始めましょう。