学資保険は本当に必要?他の保険や預貯金でもいいのでは?

「子どもが産まれる=学資保険に入らなきゃと考えていたけど本当に必要なのかな?」
「普通にお金を貯めていくだけでもいいのでは?」
そんな風に思っている方、たくさんいますよね。

学資保険の必要性と他のもので代用可能かどうか、徹底的にご説明します。

学資保険のメリット・デメリット

学資保険という商品にはメリット・デメリットがそれぞれあります。
まずは、そのメリット・デメリットについてよく理解しましょう。

学資保険のメリット

学資保険には以下のようなメリットがあります。

・親に万一のことがあれば保険料の支払いが免除されつつ、満期金の給付はされる
・強制的に貯蓄ができる
・プランによっては元金よりもお金を増やせる
・税金の控除がある
・保険金額次第では受け取り金に税金がかからない

詳細については下記の記事を参考にしてください。

学資保険を利用するメリットとは?

学資保険のデメリット

一方、学資保険には以下のようなデメリットがあります。

・途中換金ができない
・途中解約した場合、損になる
・金利上昇やインフレに弱い
・保障内容によってはお金は増えない
・保険会社が破綻した時に元金が補償されない
・子どもが大きくなってから契約すると損をする

詳細については下記の記事を参考にしてください。

学資保険のデメリット・リスクとは?

学資保険が必要かどうかを見極めるポイント

学資保険が必要なのかどうか迷った時に確認すべきポイントをご説明します。

流動性が悪くても元金より増やしたいかどうか

学資保険のデメリットの一つは解約してしまうと損になってしまうという点です。
解約せずに長期間預けるからこそ高い返戻率でお金が返ってくるのが魅力の商品ですが、将来、柔軟にお金を使いたい、何かあった時にまとまったお金がないのは不安だと言う人は向いていないかもしれません。
反対に、預けたお金はないものとして考える、共働きなので解約せずに継続する自信がある、という人で、預けるならお金を増やして戻したいという人には向いています。
ただ、支払い免除特約へのこだわりがない人には終身保険での代用も可能ではあります。
終身保険との比較については下記の記事を参考にしてください。

学資保険と低解約返戻金型保険はどっちがお得?

万一の保障を重視するかどうか

契約者である親にもしものことがあった時、将来の教育費が心配。
そんな親御さんには学資保険は向いていると言えます。
生命保険が給付されるのは親が死亡した時点のため、大学入学時に確実に資金を残せるかどうかは分かりません。
また、まだ生命保険に入っていない人にとっては生命保険の代用としても活用することができます。

自分でお金を貯めていく意思が強いかどうか

学資保険は途中解約すると損になってしまう商品ですが、定期預金など元金保証されている金融商品の場合、いつでも引き出せるということがデメリットになる場合もあります。
家のローンや車の購入、何かとお金のかかる中学・高校時代にちょこちょこ貯めたお金を使ってしまい、大学入学の時には資金がないというリスクも…
強制的に貯めておき、自動的に大学入学前に戻ってくる仕組みは、意思が弱い人にとっては最適な形です。

金融商品に強い、これから勉強する気があるかどうか

学資保険が本当に一番得なのかという点でいうと、決してそんなことはありません。
多少のリスクをとっても株を運用する方が利益を出せるかもしれませんし、個人国債など堅実でお得な金融商品もあります。
ただ、いずれも自分で調べて管理をする必要があり、そこに自信がないという人は学資保険などを利用した方がよいでしょう。

学資保険が向いている人はこんな人

ずばり学資保険に向いている人はこんな人です。

・払った金額よりもお金を増やしたい
・世帯の収入が安定していて途中で払えなくなるというリスクが低い
・自分に万一のことがあっても子どもに学費を残したい
・金融の知識があまりないので誰かにお任せしたい

生命保険や定期預金もそれ相応のメリットがあります。
自分の状況や方針に合うかどうかを見極めて利用しましょう。

学資保険の具体的なプランが知りたいという方は

各保険会社はいろいろなプランを提供しています。
各社のいいところ・悪いところを比較して選ぶには総合保険代理店が最適です。