学資保険は年末調整で税金を安くできる!

学資保険は税金控除の対象になると知っていますか?
しかも、自分で確定申告をする必要はなく、会社側で「年末調整」と呼ばれる手続きをして処理をしてくれます。
年末調整をしてもらうためにはどうすればいいのでしょうか?

学資保険は生命保険料控除の対象になる

「学資保険」という名前のためか、控除の対象にならないと思っている人もいますが、学資保険は生命保険と同じ扱いとなり、保険料の控除を受けることができます。
契約期間が5年未満の生命保険の場合は非対象になってしまうのですが、学資保険はほとんどの契約が5年以上のはずです。そのため、基本的には控除対象になると思って問題ないでしょう。

控除額の計算方法は所得金額によって変わります。
詳しくは下記の記事を参照してください。

学資保険は生命保険料控除で節税メリットあり?!

保険料控除証明書を用意しよう

年末調整に必要なもの、それは「保険料控除証明書」です。
これさえきっちり用意すれば専用の用紙への記入や手続きは全て会社側でやってくれます。

保険料控除証明書は、事前に各保険会社が登録住所である自宅に郵送をしてくれます。
10月頃には送られてきますので注意して見ておきましょう。
中には夏頃に送ってくる会社もありますので失くしてしまわないように注意しましょう。
万一、紛失した場合には早めに保険会社に再発行依頼をする必要があります。

もし再発行依頼がギリギリになってしまい、勤務先の提出日や年内に間に合わないという場合、事前に勤務先にその旨を伝え、年明けになったとしても入手でき次第すぐに提出しましょう。それで間に合うケースもあります。

ただ、大幅に提出が遅れそうな場合には確定申告をするしかありません。
勤務先から配布される源泉徴収と、用意した控除証明書を税務署に持っていき、確定申告手続きをしましょう。