学資保険は生命保険料控除で節税メリットあり?!

「学資保険を積み立てていると税金が安くなるって本当?」
「どういう手続きをすれば税金が安くなるの?」
という疑問にお答えします。

生命保険料控除とは?

生命保険料控除とは、保険料を払った時に受けられる税金の控除のことで、保険の種類によって3つの枠があります。

一般生命保険料控除:生命保険・学資保険・養老保険などが対象
介護医療保険料控除:医療保険・がん保険・介護保険などが対象
個人年金保険料控除:個人年金保険などが対象

学資保険の場合は「一般生命保険料控除」の対象となります。

これらの生命保険料の控除は下記の表のように、払込金額によって定義されます。

年間の支払保険料等 控除額
20,000円以下 支払保険料等の全額
20,000円超 40,000円以下 支払保険料等×1/2+10,000円
40,000円超 80,000円以下 支払保険料等×1/4+20,000円
80,000円超 一律40,000円

どれぐらい税金が安くなるのか?

実際の数字を用いて計算してみましょう。
保険料が月1万円の場合を例にご説明します。

●所得税
年間保険料が80,000円を超えるため、40,000円の控除。

●住民税
年間保険料が56,000円を超えるため、28,000円の控除

●合計控除額
年間で68,000円の控除

月々の積立額が6,666円を超えた時点で住民税も最大値となるため、月額6,666円以上払っている人は一律68,000円が控除されると考えればいいでしょう。

●税金金額
控除金額=引かれる税金ではありません。
さらに計算が必要なのですが、かかる税金は収入によって変わります。

課税される所得金額 税率 控除額※
195万円以下 5% 0円
195万円を超~330万円以下 10% 9万7,500円
330万円を超~695万円以下 20% 42万7,500円
695万円を超~900万円以下 23% 63万6,000円
900万円を超~1,800万円以下 33% 153万6,000円
1,800万円超 40% 279万6,000円

ここでは、仮に所得が332万円の人の場合で計算してみます。

●生命保険料控除がない場合
所得額3,320,000×税率20%ー控除額427,500=236,500円

●生命保険料控除68,000円がある場合
(所得額3,320,000ー控除68,000円)×税率20%ー控除額427,500=222,900円

税金額としては13,600円の減額です。
わずかであっても節税できるのは嬉しいですね。

平成23年度以前に契約した保険は税率が異なる

先ほどの控除額の表は平成24年1月以降に適用されたものです。
もし、契約年が平成23年以前なのであれば控除額は以下の通りになります。

年間の支払保険料等 控除額
25,000円以下 支払保険料等の全額
25,000円超 50,000円以下 支払保険料等×1/2+12,500円
50,000円超 100,000円以下 支払保険料等×1/4+25,000円
100,000円超 一律50,000円

控除を受けるために必要な手続きは?

控除を受けるためには一定の手続きが必要です。
サラリーマンの場合と自営業者の場合で方法が異なるのですが、どちらにも必要なのは
「生命保険料控除証明書」です。
これは保険会社が毎年秋から年末にかけて郵送で送ってくれますので失くさないようにしましょう。

サラリーマン(会社員)の場合

サラリーマンの場合には、会社で毎年年末近くに年末調整という手続きをしてくれます。
その時に「生命保険料控除証明書」を提出すればOKです。

自営業者の場合

自営業者の場合には確定申告が必要です。
「生命保険料控除証明書」は申告書に添付して提出します。

どうせなら節税したい!具体的な保険プランを聞くには?

せっかくお金を貯めるのであれば節税できた方がいいですよね。
同じ金額の積み立てでも定期預金よりもお得です。
具体的な保険のプランを聞くなら総合保険代理店でいろいろな会社のプランを比較してもらいましょう。