学資保険に加入しなくとも奨学金・教育ローンでなんとかなる?

「子どもが小さなうちに学資保険を始めておかなくともいざとなれば奨学金や教育ローンなどの制度があるのでは?」
と感じている方もいるかもしれません。
しかし、本当にそれで大丈夫でしょうか?

学資保険と奨学金・教育ローンの違いについてご紹介します。

学資保険と奨学金・教育ローンのはこんなに違う

細かい数字を書いても分かりにくいので、もらえるお金と払わなければいけないお金の金額を比較します。

学資保険 : 200万円をもらうために、約180万円 を払い込む
奨学金  : 200万円をもらうために、約203~215万円 を返済する
教育ローン: 200万円をもらうために、約230万円 を返済する

学資保険の場合は、早くからコツコツと積み立てる貯蓄系商品です。
積み立てている間に保険会社などが運用してお金を増やしてくれるので余計な保障を付けなければ増えて戻ってくることがほとんど。
一方、奨学金・教育ローンは借金系の金融商品です。
借りた後から返済していくことになるため、そこには利息が発生します。
奨学金の場合は、無利息のものもありますが、学業成績がいい学生のみが対象となる狭き門です。
ほとんどの場合には利息付きのものしか借りられないと思っていた方が良いでしょう。
また、奨学金には審査があるため、審査を通らなかった場合には教育ローンが次の選択肢になります。
教育ローンは、国運営のものと民間運営のものがありますが、当然ながら国運営のものの方が利息が低いです。
国の教育ローンには所得制限があるため、その所得制限にひっかかったり、審査が通らなかった場合には民間の教育ローンを考えるしかないでしょう。

事前準備が可能ならば絶対に学資保険をしておくべき

先ほどの金額の比較でもわかったように、学資保険は元金よりお金を増やすことも可能ですが、奨学金や教育ローンは返済時に利子を上乗せして借りた額より多く返す必要があります。
最終的には30~50万円の差が出てしまうのです。
なんとかなるだろうという気持ちだけで学資保険に入らないでいるのは損です。
親が高校卒業後は働かせようと思っていても大きくなった時に子どもが同じように思ってくれるかどうかは分かりません。
急に大学入学費用が必要だ!と焦らないように、可能であれば早くから貯蓄をしておくべきです。

とはいえ、家庭事情はさまざま。子どもが産まれた時に家を建て、親が高齢だった場合には定年までに返すために月々の返済金額を高めに設定しているというようなご家庭もあるでしょう。
そのような家庭では学資保険の積立金が家計を圧迫してしまうという可能性も…

あくまで無理のない収支計画が立つ場合に関して、長期的な視点では奨学金や教育ローンは最終手段と考えておくのが得策です。

奨学金を利用する場合

奨学金の運営は「日本学生支援機構」がやっています。

「奨学金貸与・返還シミュレーション」のページがあるため、実際に金額を入力して考えてみましょう。
http://simulation.sas.jasso.go.jp/simulation/

教育ローンを利用する場合

国の教育ローン

国の教育ローンは「日本政策金融公庫」が運営しています。
民間のものに比べて金利が低いため、利用する場合にはできる限り国の教育ローンを利用しましょう。

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

民間の教育ローン

民間の教育ローンには大手銀行が主体になっているものもあれば、JAやろうきんなどの会員の相互扶助の形式を取った機関が運営しているものもあります。
JAやろうきんの場合には金利が2~3%と比較的安いため、加入しているのであればそちらを利用すべきでしょう。
もし加入しておらず、金融機関のものを選択したい場合、大手銀行の場合の利息は3.5~4.5%がほとんどです。
地方銀行や地方の信用金庫の方がわずかに利息が低い場合もありますので、そちらも確認してみましょう。

後悔しないために!学資保険を検討しておこう

学資保険は月々の保険料が少額しか払えなくとも契約できるプランもあります。
ご家庭の事情に合わせたシミュレーションも可能なため、是非一度FP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみましょう。