学資保険に育英年金はつけるべき?メリット・デメリットは?

「よく育英年金付きの学資保険がいいと言われるけど本当にいいの?」
と疑問に思っているあなた、実際に育英年金はいい商品なのかどうかを解説します。

育英年金とは?

育英年金とは、学資保険に付帯できる商品の一つです。
初めから商品内容として組み込まれているものもあれば、特約として付帯できるものもあります。
内容は、万一親が死亡してしまった時に、その時点から満期になるまで子どもが年金としてお金を受け取れるというもの。
受け取れる金額はプランによってさまざまです。

育英年金のメリットは?

正直申し上げますと、育英年金のメリットはあまり多くありません。
一つ挙げるとすれば、生命保険に入っていない方で、死亡時の子どもの収入が不安なのだという場合には検討してもいいかもしれませんが、この後に挙げるデメリットの方が多いので注意が必要です。
学資保険で保障をしなくとも、生命保険の一つに収入保障保険などもあり、金額や受け取り方など細かくプランを選択することができます。
営業に薦められるままに契約するのではなく、本当に必要かどうか考えてみましょう。

育英年金のデメリットは?

育英年金を付けるデメリットはいくつかあります。

月々の保険料が高くなる

育英年金は万一の場合に備えた保障保険です。
その保障の分、どうしても毎月の支払保険料は高くなってしまいます。
そもそもの学資保険の目的は貯蓄です。また、学資保険の場合支払うことが厳しくなって途中解約すると元本割れリスクのある商品。最後まで貯蓄を継続するためにも余裕がない限り、月々の保険料は抑えたほうが良いでしょう。

返戻率が100%を切ってしまう可能性

育英年金の付帯は、掛け捨ての保険を付帯しているのと同じ状態です。
そのため、払い込んだ保険料よりも少ない額の満期金しかもらえない可能性があります。
保障だからと割り切れるのであればいいのですが、貯蓄重視の方針のご家庭では加入前に少し考えた方がいいでしょう。

税金がかかる?子どもの扶養が外れる?

万一、契約者である夫が死亡したとします。
その時、保険の契約者と受取人を妻に移行した場合には、雑所得として妻の給与に所得が加算されます。
契約者と受取人を子に移行した場合には、子が課税対象となります。
子どもの場合、所得が38万円を超えてしまうと扶養が外れる恐れがありますが、よっぽど高額の商品でない限り、起こり得ないため、学資保険の付帯商品の場合にはその心配はありませんが、念のため、受取人は妻にしておいた方がいいでしょう。

学資保険に付帯しない方がいいのは分かったけど収入保障はしておきたい!という方は

収入保障保険は保険会社が各社扱っており、プラン内容が少しずつ異なります。
ご家庭の状況に合わせて最適なものを選ぶためには各社の比較が必要です。
総合保険代理店であれば各社の保険を比較してシミュレーションを作ってくれます。