学資保険には本当に入るべき?どんな人に向いている?

「学資保険って子どもが産まれたら入るものだと思ってたけど本当に必要なの?」
という方、当然いると思います。

学資保険には常に「必要派」と「不要派」が存在します。
この記事ではそれぞれの言い分についてご紹介しましょう。

学資保険必要派、その理由とは?

強制的に貯められる

学資保険は一度契約すると簡単には解約できません。
仮に解約した場合には、それまで支払った保険金よりも低い金額しか返ってこないため、村になってしまいます。
しかし、そのような性質があるからこそ強制的に貯蓄ができるとも言えるのです。
自分で貯蓄をストップできる他の金融商品よりも強制力は高いと言えるでしょう。

きちんと選定すれば元金を増やせる

学資保険には、預けた元金よりも多くの満期金が返ってくる”高返戻率”の商品が多く存在します。
もちろん、付帯する特約の内容や選定する商品次第では元金を下回ることもありますが、返戻率を注視して選定すれば必ず得をするのです。

生命保険料控除をすることができる

保険料の支払金は所得税や住民税から控除を受ける対象になります。
学資保険の場合は生命保険料控除として適用されるため、毎年いくらかの税金が返ってきます。
そのため、単純に貯金をするよりも節税になる分、お得だと言えるのです。

上記で説明した以外にもデメリットを知りたい人は以下の記事を参照してください。

学資保険を利用するメリットとは?

学資保険不要派、その理由とは?

中途解約をすると損になる

学資保険は中途解約をすると、それまで支払った保険金よりも少ない金額しか返ってきません。そのため、中途解約をする可能性がある人にとってはリスクのある商品です。
その場合には、自分で定期預金などで貯めておく方がいいでしょう。

固定金利だから金利上昇やインフレの時に損になる

学資保険は契約時の金利に応じて支払金額と満期金が設定され、それが満期まで変わることはありません。
そのため、十数年間の間に金融情勢が変化して、大きく金利が上がったとしてもその恩恵を受けることができませんし、インフレが起きて契約当時に想定していたよりも多くの学費が必要になっていたとしても対応することができません。
そのため、学資保険でお金を貯めるよりも解約リスクのない他の金融商品の方が安全だという意見もあります。

保険会社が倒産すると約束の満期金がもらえないリスクがある

保険会社が倒産した場合、契約者に保証されている金額は90%です。
対して、銀行の場合には1,000万円以下の場合には100%の金額が保証されます。
そのため、保険ではなく、銀行預金で貯めた方が安全だという意見があるのです。

上記で説明した以外にもデメリットを知りたい人は以下の記事を参照してください。

学資保険のデメリット・リスクとは?

結局、学資保険には入るべきなのか?

これまで述べたように学資保険にはメリット・デメリットがあります。
それぞれの理由にどれだけ納得できるかは人によって異なりますが、個人的には
「子どもは絶対に大学に行かせたい」
「自分でお金を貯め続ける意志が弱い」
「保険や株・FXのような金融商品には疎い」
という人は学資保険に入るべきだと思います。

まず「子どもは絶対に大学に行かせたい」人についてですが、今の時代に子育てをする場合、高校までであればそれまで少しずつ貯蓄しておく程度でも学費を出し切ることができることが多いでしょう。
しかし、大学入学となると、それまでとは桁外れの金額が入学前に必要になります。遠い大学に進学して下宿を始めるのであればなおさらです。
その時のための貯蓄は絶対必要なのです。
次に「自分でお金を貯め続ける意志が弱い」人についてですが、まとまった金額を貯蓄するにはある程度の金額を毎月コツコツと貯蓄していく必要があります。
その時に自分でコントロールのできる定期預金や普通預金などにしてしまっていると、何か大きな買い物をする時にそのお金を使ってしまう恐れもあるでしょう。
その時に自制できればよいのですが、つい手を出してしまいそう…と思う人は、解約しづらい学資保険を利用すべきです。
最後に「保険や株・FXのような金融商品には疎い」人についてです。デメリットのところで学資保険は金利上昇やインフレに弱いと書きましたが、そもそも金利上昇やインフレが起きた際に他の金融商品で対応できる知識やスキルがなければ、結局金利上昇の恩恵も受けられませんし、インフレ対策もできません。
学資を貯めるという目的でカスタマイズされた学資保険は細かな知識がなくとも確実に学資金が貯まるように設計されているのでそれなりの利点があるのです。

しかし、絶対に「学資保険でないといけないのか」という点については「低解約返戻金型保険でもいい」と言えると思っています。
詳しくは以下の記事を参照してみてください。

学資保険と低解約返戻金型保険はどっちがお得?

また「銀行の定期預金じゃダメなの?」と思う方は以下の記事を読んでみてください。

学資保険と定期預金はどちらがお得?